引越しの準備に必要なものはなに?あると便利なグッズも紹介!

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/06/29

引越し先が決まったら、今度は引っ越し準備を考えなければなりません。初めて引っ越しをする人は、引っ越し準備に何が必要か、どのように引っ越し準備をしたらよいのかわからず、不安になるものでしょう。そこで今回は引っ越し準備をする際に揃えておくべきもの、あると便利なもの、準備手順について解説するため、参考にしてくださいね。

引越しの準備をする際に揃えておくべきもの

引っ越し業者に依頼するときも、ある程度の資材や道具は必要になります。あらかじめ揃えておくようにしましょう。

■梱包資材

引っ越しの必需品といえば、まずは段ボールです。段ボールの枚数は多めに用意しておくようにしましょう。梱包作業を進めてみると、意外と荷物が多くて段ボールが足りなくなってしまったということが多いようです。引っ越し業者のプランによりますが、契約した引っ越し業者が段ボールを用意し、家まで届けてくれるケースがほとんどでしょう。

無料となる枚数も各社それぞれで設定が異なるため、事前に確認しておくとよさそうです。引っ越し業者の無料の範囲内であれば、想定よりも少し多めに用意してもらうことをおすすめします。無料範囲を超えてしまう場合はホームセンターなどでも購入でき、スーパーなどで無料で入手もできます。

そして、段ボールを閉じるためにガムテープは必須アイテムといえます。梱包した段ボールを閉じるためだけではなく、荷物の固定をするなど、ガムテープを使用する場面は多いものです。一口にガムテープといっても、粘着力は材質によって異なります。粘着力の低いガムテープを段ボールに使うと、運搬途中で段ボールの口が開いてしまうこともあるため、粘着力の高いガムテープを選んでくださいね。

逆に、運搬中に動いてしまうものを固定する場合は、移動後に剥がすことがほとんどです。粘着力の弱いガムテープや養生テープを使用するとキレイに剥がせるでしょう。梱包部材として他には、緩衝材や新聞紙、液体を梱包するためのビニール袋、ハンガーや物干し竿などをまとめるロープやビニール紐、セロテープなどが必要となります。

■その他の必需品

作業道具などについては、自分で用意しなければなりません。まずハサミやカッターは、引っ越し準備から引っ越し後まで、使用頻度の高い道具でしょう。ガムテープやビニール紐を切ったり、荷物を開封したりするために必要です。引っ越し時も持ち歩くか、取り出しやすい荷物に入れておくとよいでしょう。

マジックペンも引っ越し準備時によく使用します。荷物を詰めた段ボールに内容物を書いておくと、荷物の運搬や荷解きの作業がスムーズになるでしょう。また『壊れ物注意』や『天地無用』、『上積み厳禁』などの注意書きを必要に応じて書いておくと、荷物破損の予防策にもなりますね。

他には、荷物の運搬がしやすいグリップ力の強い軍手、家具の解体や解体で使用する工具類、掃除道具、ごみ袋などが必須アイテムです。あらかじめ用意しておいてくださいね。

引越し時にあると便利なもの

引っ越し時にあると便利なものをいくつか紹介していきます。ひとつ目は『ドアストッパー』です。荷物の運搬中は家の出入りが頻繁になりますよね。出入りの度にドアを開け閉めするのは煩雑で、荷物を安全に運ぶ妨げにもなりかねません。そのようなときは、ドアストッパーがあれば安心です。ドアの下に挟むタイプのものだと手軽に買え、引っ越しが終わってからも使うようであれば、ドアに設置するタイプを選んでもよいかもしれません。

ふたつ目は『脚立や踏み台』です。照明器具やカーテンなどの取り外し、取り付けの時にあると便利です。近年では、コンパクトでインテリアに馴染むデザインの踏み台も販売されているようです。椅子でも代用できますが、不安定なものは使わないようにしてくださいね。

3つ目は『チェアソックス』です。チェアソックスは、椅子やテーブルの脚につける保護カバーのことで、100円ショップでも購入できます。引っ越し時は家具の移動をするので、床を傷つけてしまうこともありがちです。旧居も新居もなるべく床に傷をつけないように、チェアソックスを使ってみましょう。

他には、布団圧縮袋や台車もあると便利なアイテムです。布団圧縮袋を使うとかさばる布団が運搬しやすくなり、台車があると重い荷物の移動がスムーズになりますよ。

引越しの準備の手順

引っ越しに必要なアイテムを手に入れたら、引っ越し準備を進めましょう。引っ越し時は荷造りだけではなく、多方面への手続きもあるため、何かと慌ただしくなりがちです。余裕を持っておおよそ1か月前程度から準備を進められるとよいでしょう。

まずは不要品の処分から始めてみてください。荷造りに取りかかる前に不要品を整理すると、余計なものを梱包する手間が省けて効率がよくなるからです。ごみとして捨てるだけではなく、人に譲ったりリサイクルショップやフリマアプリを活用したりする方法もあります。捨ててしまう前に考えてみてくださいね。

不要品を処分したら梱包を始めましょう。家の中に日常生活でよく使う物と、あまり使わない物があるでしょう。荷造りするときは、使用頻度の少ないアイテムから梱包していってください。使用頻度の高い物を先に梱包してしまうと、引っ越しまでの間に使うことになった場合に、再び出さなければなりません。毎日使う物は引っ越し直前に梱包してくださいね。

また、冷蔵庫の中の食品も徐々に整理しましょう。引っ越し当日に『まだ梱包が終わってない』という事態にならないよう、計画的に作業を進めてください。

 

ここまで、引っ越しの準備に必要なもの、あると便利なもの、引っ越し準備の手順について解説しました。引っ越し業者のプランによって、何をどれだけ用意しておくか変わってきますが、自分で用意するべきアイテムを揃えておくことが大切です。作業効率がアップし、スムーズな引っ越しができるようになるでしょう。また、余裕を持って早めから準備に取りかかり、慌てることなく安心して引っ越し当日を迎えてくださいね。

SEARCH

CONFLICT

NEW POST

荷物が少ない人は、引越しする際に自分で荷物を運ぼうか悩むのではないでしょうか。しかし、普通乗用車では、すべての荷物を運ぶことは難しいでしょう。そこで気になるのが、引越し費用を安くする方法です
続きを読む
離婚や別居にともない引越しをする場合、引越し費用はできるだけおさえたいと思うのではないでしょうか。ここでは、離婚や別居による引越しで注意しておきたいことについてまとめています。これから引っ越
続きを読む
引越しを行う際は、できるだけ荷物を減らすために断捨離する方も多いでしょう。その際に出てきてしまうのが不用品です。不用品が多いと、そのままゴミに出すのも悩むのではないでしょうか。とくに大きなも
続きを読む