引っ越し挨拶はした方がよい?挨拶回りをする範囲や時間帯について

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/02/14

「引っ越しの挨拶は必要なの?」「業者に任せてもいいの?」と思っている方も多いでしょう。近隣トラブルを避けるために引っ越しの挨拶はとても重要です。そこで今回は引っ越しの挨拶はしたほうがいいのか、挨拶まわりをする範囲や時間帯についてまとめていきます。引っ越しを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

引っ越し挨拶は必要?

引っ越しの際は旧居でも新居でも挨拶をしておいた方がいいです。とはいえ最近では「挨拶まわりは必ずしも必要ではない」と考えている人も増えているので、挨拶まわりをしない人もたくさんいます。

挨拶まわりの必要性を感じていない理由には、個人情報の保護や防犯への意識が高まっているからなのでしょう。しかし、近隣住民との関わりが1つもないとは限りません。少なからず近所の人たちと関わる機会があるので、挨拶をしておいた方が印象もよいでしょう。

町内会や清掃などで住民と顔を合わせる機会も多いので、逆に引っ越しの際の挨拶がないことで周りの住民からよくない印象をもたれる可能性もあります。そこから近隣トラブルに発展する可能性もなくはないとは限らないので、挨拶しておいた方が安心でしょう。

また、最近では住宅工事が必要になる場合は業者が代行して近隣住宅に挨拶に回ることがあります。「業者が代わりに挨拶に行ってくれるなら、別に自分が行く必要はないだろう」と考える人も多いですが、なるべく本人も挨拶に行った方がよい印象を持ってもらえますよ。

挨拶回りをする範囲

挨拶まわりをする範囲ですが、住宅の種類によって違います。集合住宅の場合は両隣、真上、真下の部屋の住民に挨拶をしておきましょう。普段の生活の中でも顔を合わせやすいのが両隣の住民なので、なるべく早めに挨拶しておいたほうがいいですね。

一戸建ての場合は自分の家から見て両隣、向かいの3軒、真後ろの住宅に挨拶をするのが一般的です。顔を合わせることが多いですし、町内会では同じ班になる可能性も高いので、しっかり挨拶しておくとよいでしょう。

また、大家さん、管理人さん、自治会長への挨拶もしておくといいですね。集合住宅の場合は日々顔を合わせる管理人さんと大家さんへの挨拶は必須だといえます。

また、一戸建ての場合は町内単位での活動が多くなるので、自治会長にも挨拶しておくとよいでしょう。特有のローカルルールを持っている場合もあるので、早めに挨拶しておいた方が地域の人たちともなじみやすくなります。

挨拶回りの時期・時間

挨拶まわりのタイミングですが、旧居の挨拶は前日までに余裕を持って済ませるといいですね。新居の場合も事前に挨拶しておくことに越した事はありませんが、難しい場合は当日、遅くても翌日までには行くようにしましょう。

ただし、引っ越し当日は荷解きなどでやることが多いので、挨拶にかける時間が取れない場合もあります。慌ただしい印象になり、挨拶に行っても向こうに気を使わせることもあるでしょう。人間関係を円満に進める上で第一印象はとても重要なポイントなので、身なりを整えて、心を落ちつかせてから挨拶に行くことが大切です。

挨拶に回る時間ですができるだけ日が昇っている間に済ませることを心がけるようにしましょう。休日に挨拶に行く場合は午前中を避けて午後以降に行くのがベターです。

引っ越し挨拶で品物を渡す際の注意点

引っ越しの挨拶では品物を渡すのが一般的です。引っ越しの挨拶で渡す品物としておすすめなのが、菓子折、石鹸などの日用品、ミニタオル、お茶やコーヒーなどです。

食品を渡す場合はできるだけ日持ちするものを選ぶようにしましょう。日持ちが短いものだと相手に焦らせてしまうので、あまりよくありません。ミニタオルや石鹸などの日用品はよく使うものなので喜ばれやすいです。

とはいえ、あまり高いものを渡すと相手にも負担となってしまうので、5001,000円程度に抑えるようにしましょう。ちなみに大家さんや管理人さん、自治会長にはお世話になる機会が多いので、1,0002,000円を目安に手土産を探すのがベター。

また、手土産をもっていく際はのしをつけるようにしましょう。引っ越しの挨拶時には相手に名前を覚えてもらうことが大切なので、外のしにして名を記入しておくことが大切です。のしの表書きは「粗品」よりも「ご挨拶」の方がよい印象を与えられますよ。

 

今回は引っ越しの挨拶について詳しくまとめていきました。最近では個人情報保護のために挨拶をしない人も増えていますが、周りの住民との関係をそつなくこなすためにも、顔合わせは大切なポイントだといえるでしょう。とくに一戸建ての場合は町内単位で動く機会も多いので、挨拶は必須だといえます。

挨拶だけでもよいのですが、小さな手土産を持っていくことでよりよい印象が与えられます。手土産を選ぶ際もいくつかの注意点があるのですが、高すぎず、日常生活で使いやすいものを選ぶのがおすすめ。円満な人間関係を築くためにも、できるだけ早めに挨拶を済ませるようにしましょう。

SEARCH

CONFLICT

NEW POST

荷物が少ない人は、引越しする際に自分で荷物を運ぼうか悩むのではないでしょうか。しかし、普通乗用車では、すべての荷物を運ぶことは難しいでしょう。そこで気になるのが、引越し費用を安くする方法です
続きを読む
離婚や別居にともない引越しをする場合、引越し費用はできるだけおさえたいと思うのではないでしょうか。ここでは、離婚や別居による引越しで注意しておきたいことについてまとめています。これから引っ越
続きを読む
引越しを行う際は、できるだけ荷物を減らすために断捨離する方も多いでしょう。その際に出てきてしまうのが不用品です。不用品が多いと、そのままゴミに出すのも悩むのではないでしょうか。とくに大きなも
続きを読む